セミナー&イベントSeminar & Event

「書類をデータ化 同時に整理」3つのOCRエンジンを利用できるSPA Ver.10の全貌を一挙公開!
~限定18名様・ハンズオンも同時開催~

セミナー概要

ご紹介製品
  • SVF/RDE
  • SPA

「紙の書類は閲覧性や可読性の良さといったメリットがありますが、印刷コストや保管コスト、資料を探す手間がかかります。また、働き方改革で注目が集まる業務の自動化も、紙の書類だと困難です。

「SPA」は、OCRと文書管理の機能を統合し、書類のデータ化や業務の自動化、データの活用を支援する文書データ活用ソリューションです。

これまで人が作業をしていた業務を自動化することで作業工数を大きく削減し、より高付加価値な業務に時間を割くことができるようになります。また、紙の書類をデータ化することにより、文書を検索して素早く入手できるだけでなく、BIツールを使ったデータの可視化や、ETLツール・RPAツールと連携できるようになります。

本セミナーでは、業務効率化の妨げとなる「紙の書類」の電子化・データ化を軸に、働き方改革に繋がる業務自動化の実現方法についてのヒントや、またご希望のお客様には先着18名様に実機を操作していただき、活用データ活用ソリューション SPAをご体験いただけます。

セミナー内容

  • 14:30~15:00 製品紹介

    「SPA」および、「SVF」製品概要をご紹介します

  • 15:00~15:40 ペーパレス化で働き方改革とは

    帳票電子活用ソリューション「SPA」活用事例などをご紹介します

  • 15:40~15:50 質疑応答

  • 15:50~16:00 休憩

  • 16:00~17:20 ハンズオン 帳票電子活用ソリューション「SPA」

    本セッションでは、実際にPCを使い「SPA」製品のユーザービリティをご体験いただきます。
    ※本ハンズオンは、文書管理にまつわる操作を予定しております。(OCR機能については次回以降を予定)

  • 17:20~17:30 質疑応答

  • 15:00~15:50SPA Ver.10の製品紹介

    3つのOCRエンジンを利用できる最新版SPA Ver10について、デモンストレーションを交えてご紹介します。

  • 15:50~16:00休憩

  • 16:00~17:20ハンズオン 文書データ活用ソリューション「SPA」

    本セッションでは、実際にPCを使い「SPA」製品のユーザービリティをご体験いただきます。
    ※本ハンズオンは、文書管理にまつわる操作を予定しております。

  • 17:20~17:30質疑応答

日時・開催概要

開催地 東京都
開催日時 2019/2/15(金) 15:00~17:30(開場14:30)
受講料 無料
定員 18名
会場 MAP
〒106-6235 東京都 港区 六本木 3-2-1 六本木グランドタワー 36F
TEL:03-5962-7304

東京メトロ南北線 「六本木一丁目駅」西改札口直結
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 「六本木駅」5番出口より徒歩5分

2018年4月2日より、オフィス移転に伴い六本木新オフィスでの開催となりますのでご了承くださいますようお願い申し上げます。
また、入館に伴い入館証が必要になります。入館証を発行する為のバーコードは、受講票に印字してあります。
セミナー会場は 『36F』 になります。一度29階でお乗り換えください。

お申し込み

  • ※ご登録がうまく出来ない方は、下記お問い合せにご連絡ください。
  • ※事前にご登録をされていない方はお断りする場合がございます。本セミナーの事前登録にご協力をお願い申し上げます。
  • ※競合製品をお取り扱いされている企業様はご参加をお断りする場合がございます。なにとぞご了承ください。

参加セミナー

「書類をデータ化 同時に整理」3つのOCRエンジンを利用できるSPA Ver.10の全貌を一挙公開!
~限定18名様・ハンズオンも同時開催~
開催日時:2019/2/15(金) 15:00~17:30(開場14:30)
開催日時:2019/2/15(金) 15:00~17:30(開場14:30)
※個人情報の取り扱いにつきまして
  • 本サイトでご提供頂きましたお客様の個人情報は、弊社の“個人情報保護方針”に基づき適切に管理し、お問い合わせに対するご回答、弊社製品・サービスのご紹介、関連のセミナー・展示会等のご案内、アンケート調査依頼、その他関連する事業活動の目的でのみ利用させて頂きます。詳細は、弊社ホームページの『プライバシーポリシー』をご確認ください。
  • 当社は、以下のような情報をクッキー、Webビーコンおよび類似の技術を利用して取得しています。
    • 閲覧したWebページ等のデータ(個人情報と紐付けて取得しています)